海外営業とは

海外営業の仕事について

海外営業とは、自社で取り扱っている製品を海外の企業、顧客にアピールし、営業活動を行うことです。海外と言っても国は様々で、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど、勤める業界、企業によって変わります。

外国の企業に自社製品を買ってもらう活動を行うので、その国の言葉を習得している必要があるでしょう。

特に英語スキルは必須と言えます。英語力の客観的として、TOEICを基準にしている企業が多いのが現状です(昔は英検を重視していましたが、今はTOEICの点数が大切になります)

海外営業の仕事内容は、メールや電話を使って海外の企業とやりとりを行い、時に現地を訪問してプレゼンテーションを行う、といったものです。自社商品の良さを英語で伝える必要があるため、ビジネスレベルの英語力が必要になりますね。

ただし、海外営業と一口に言っても、その企業によって方針が異なります。中途採用でも研修期間が充実している会社もあれば、即現地に飛んで営業活動を行うこともありますね。

その辺りは会社の方針と共に、どのような人材を望んでいるのか、即戦力として期待できる人材か、もしくは自社システムに慣れた上で海外営業に就かせるのか、によっても異なりますね。

共通しているのは、自社商品の知識が大切ということです。ただ知識を詰め込むというよりも、お客さんの立場で商品を説明すきるスキル、それも英語や中国語などの現地の言葉でプレゼンテーション、打ち合わせできるスキルが重要になりますね。

海外営業の求人を探すには?

実際に海外営業の求人を探すには、転職サイト・人材紹介会社を上手に活用すると良いと思います。

中には海外営業の転職支援に強みを発揮する人材紹介会社もありますし、コンサルタントと相談しながら転職活動を進めてみてはいかがでしょうか?

今までの営業スキルを活かせる職業として海外営業は人気がありますので、人材紹介会社の非公開求人に設定されていることもあります。

そのような非公開求人の紹介を受けるには、人材紹介会社への登録が必須となりますので、まずは無料登録から始めることをおすすめ致します。

海外営業の転職サイト