海外営業 転職

海外営業へ転職するための準備知識

海外営業として活動したいのであれば、いろいろと専門的な知識を獲得する必要があります。

まずは当然のことながら、自分が何を売り込むのか、その商品やサービスについての知識をしっかりと定着することが大切です。

自分がどのような商品やサービスを売り込んでいるのか、きちんと理解しているでしょうか?

国内ではそれほど地位の高くない人を相手にして、セールスをすることも多いかもしれません。

しかし海外営業になると、経営陣と顔を合わせてセールスやプレゼンをすることも多くなります。

そのような状況で、商品についての知識が不十分であれば、恥をかいてしまいます。

商品やサービスはもちろんですが、自分の会社や業界の知識も必要になりますのでしっかりと勉強することです。

業界などの知識は、日々刻々と変化します。

このため、いろいろな業界の関係者と交流を深め、最新の情報にアップデートしていくことも必要です。

海外に商品を売る=貿易です

海外に商品を売ると言うことは、貿易をすることになります。

そこで海外営業になるためには、貿易の知識も深めておく必要があります。

書類作成や通関の手続き、経理の処理と言った貿易一般の流れなどはきちんと理解しておく必要があります。

一部分しか知らないと、いろいろな質問をされた時にきちんと説明できなくなってしまいます。

また会社は売上も重要ですが、利益が出るかどうかが問題です。

そこで、限界利益や営業利益などについての知識を持たないとセールスの戦略を正しく描けなくなってしまいます。

これらの知識は、海外営業になるためには獲得しておくことです。

その上で、履歴書や職務経歴書を整えて、海外営業の求人へ応募、面接に臨むことが大切といえるのではないでしょうか。

海外営業の転職サイト