海外営業 転職

海外営業の現状に関して

海外営業と言われると、海外を舞台にして活躍しているので華やかなイメージを持つ人も多いでしょう。

具体的に海外営業の求人・募集を探しているという方もいらっしゃると思います。

しかし海外営業の現状ですが、非常に地道な作業の連続と思ってください。

そもそも取引や交渉をする相手は遠く離れた海外にいる人です。

国内の営業活動であれば、会いたい人と比較的簡単にコンタクトを取ることもできます。

しかし海外の場合、なかなか会いたいと思っている人と連絡が付かないこともあります。

しかもそうしょっちゅう、相手と直接話をすることもできません。

そこで通信を使ってコミュニケーションをとることになるので、通信費のコストも結構かかってしまいます。

また海外営業の仕事の現実ですが、すれ違いが当たり前の世界であることも認識しておきましょう。

国が変わってくれば、言葉が異なることはもちろんですが、文化なども変わってきます。

取引の際には日本での商習慣は忘れて、常に万が一を考えて進めることが重要と言われます。

しかし、慎重になりすぎると「日本企業はスピードが遅い」という印象を与えてしまう、取引が進まなくなる恐れもあります。

必要があれば、本社に確認をしてどこまでの決裁権を持てるかと言うことを確認しておくと良いでしょう。

常識は世界共通ではありません

自分の中で常識と思われていたことが、相手に必ずしも通用する保証はどこにもありません。

そして皆さんの同僚をイメージすれば分かると思いますが、人によって感覚は異なります。

海外でも同じ会社で人によって、感覚が変わることも往々にあります

そこで海外の取引先と信頼関係を結ぶためには、地道に一つ一つの事柄を丁寧に積み上げる必要があります。

もし同じ会社でも対応する相手が変われば、それまで築き上げてきたものを少し崩さないといけなくなることもあります。

そして、その人に合った事柄を積み重ねていって信頼関係を構築するような、骨の折れる作業が必要になると思ってください。

海外営業の転職サイト