海外営業 英語力

海外営業で重視されるTOEIC

海外営業で活躍をするためには、おおよよその人がイメージ付くと思いますが英会話は必須です。

また、事務処理などもありますし、ビジネス文書なども読み書きをする機会もあります。

ところで英会話の能力ですが、どの程度必要でしょうか?

海外の人とビジネスの専門用語などを使って、結構突っ込んだ話をすることも多いです。

ですから、かなりのスキルが要求されると思って良いでしょう。

日本ではTOEICが英語力を測る基準として使われることが多いです。

TOEICで見た場合、公式スコア750点は少なくても必要と思っておいてください。

750点は、少し勉強したくらいではなかなか取れるスコアではありません。

しかしこれはあくまでも最低のラインと思ってください。

現在海外営業の仕事をしている人の中には、TOEIC800点を優に超えるようなレベルを持っている人もたくさんいます。

英語以外の語学は必要?

海外営業をする時に、英語以外の語学力は必要ないのでしょうか?

基本的に異なる国の人がビジネスシーンで会話をする場合、英語で会話をするのが原則です。

一部中国や韓国では他の言語を使ってコミュニケーションをとることもありますが、例外中の例外だと思っておきましょう。

海外営業として活動をしたいのであれば、英会話をきちんとマスターしましょう。

そして意外と重要なこととして、日本語の能力を養うことも挙げられます。

海外営業と関係ないような感じもしますが、英語を話す時私たちは日本語を作ってから英語に転換しています。

と言うことは日本語のボキャブラリーが多くないと英語のボキャブラリーも乏しくなってしまいます。

海外営業の転職サイト