海外営業 仕事

海外営業の仕事に向いているタイプ

海外営業の仕事をすると、とにかくスケジュールの管理をしっかりと行う必要があります。

そして、空き時間をどのように使うかも重要です。

移動中をどのように使うのか、ホテルに滞在している時にどのように使うのかが重要です。

実際にはすることがないかもしれません。

しかし常在戦場の意識を持つことはとても重要です。

また体力のない人には海外営業は向いていないと言えます。

会社によって違いますが、基本的には海外営業として国内で仕事をする事が中心となります。

そして、毎月、もしくは数ヶ月に1度海外出張をするという仕事のスタイルになると思います。

海外出張の際には時差によるタイムラグもありますし、長距離を移動するだけでもかなり体力を消耗してしまいます。

環境に対応できる能力が大切です

世界では日本ではあり得ないようなことも起こりえます。

そこで環境に対応できる柔軟性が必要です。

例えば、日本食がないとダメと言う人には、海外営業は向いていないと言わざるを得ません。

慣れない食事やお酒を使っての接待にもきちんと対応できないといけません。

取引の際にも日本式を前提に考えてしまうと、大きな失敗をしてしまう可能性もあります。

また、飛行機の移動で荷物が出てこないことも結構あります

さらには天候などの問題で飛行機が予定通り飛ばないことも往々にしてあります。

このような刻々と変化する状況の変化に対応できないといけません。何があっても打開策を見つけて行動できるタフさが大切です。

また、プレゼンテーションが得意な人の方が海外営業には向いています。

プレゼンテーションがうまい人には特徴があります。

それは、自分の考えを分かりやすく伝えることができるかです。

そのためにはプレゼンをする時に、どのような構成で話していくかも重要です。

同じ話でも話す順番が変わると相手に与えるインパクトも変わります。

このような感性を持っている人は、海外営業で活躍できるのではないでしょうか。

海外営業の転職サイト