海外営業 資格

海外営業に必要な英語力

海外営業の仕事をするためには、大前提として英語力が必要になります。

海外のセールスマンと丁々発止のやり取りをすることも多いです。

ですから、ビジネス英会話について、しっかりとマスターしておく必要があります。

また、国によって商習慣も違いますし、生活習慣、文化も違います。

つい日本式に思考してしまうと、甘い判断をしてしまうこともあるでしょう。日本との違いを常に意識して取引に臨むことが求められています。

そして英語力ですが英会話だけでなく、文書を作成する能力も必要です。

英会話の時、相手に通じれば良いので文法などが少し間違っていることもあるのではないでしょうか?

しかし文書にする場合、英文法なども正しい使い方をする必要があります。

また、スペルミスなども多いと、相手もその文書を確認する気持ちがなくなってしまうのではないでしょうか?

そこでビジネス文書を作成できるだけの英語のスキルが必要だと思って下さい。

海外営業の仕事は受け身ではありません

海外営業の仕事は、決して受け身の仕事ではありません。

ただ単に言われたことだけをやっていれば良い、と言う業務ではありません。

いかにアピールをするか、商品をどのように提案すればより相手にインパクトを与えることができるか、自分で考えて行動する必要があります。

そのためには常に研究をして、自分の営業スタイルを進化させるような強い向上心が求められます。

そして、営業活動はいろいろと商売相手と話をすることで進めていきます。

英語力以前に、コミュニケーションスキルに長けていることも条件と言えます。

この時自分の考えなどを押し付けるだけでは、健全なビジネスシップを築くことができません。

相手の考え方も理解する姿勢を持つことで初めて、信頼関係を構築することができます。

海外営業の転職サイト