海外営業 仕事

海外営業の仕事内容について

転職サイトや求人サイトを見てみると、いろいろな職種が募集されています。

目的を持って求人を探さないと、かえって情報量に飲まれてしまいそうになるくらいです。

その中の一つに、海外営業が募集されていることがあります。

海外営業とは、日本の企業で製造している自社製品を海外の企業やクライアントにセールスする役割の人材を指します。

最近では大企業になると海外に子会社を設立している場合もあります。

そして、海外の子会社が製造した現地の商品を海外で販売するケースもあります。

このようなOUT-OUTの取引業務を海外営業が担当することもあります。

また日本の会社が海外に進出をする場合に、市場の開拓などの準備をする必要があります。

この進出するための準備を直接、海外営業が担当することはありません。

海外営業担当者は日本国内にいながら、仕事をすることになります。

しかし、海外生産拠点とクライアントの関係性を構築しないと仕事ができなくなります。

ですから、海外営業担当者がこの両者の間に入って、ハンドリングの担当をすることはあります。

海外営業の役割とは?

海外の企業や市場で取引をする場合、貿易の実務が関わってきます。

しかし、この貿易のジャンルには海外営業は関わることはありません。

あくまでも営業の担当であり、商品もしくはサービスを売る人であり、営業活動をするのが主力の業務です。

また、海外営業は輸入ビジネスには原則として関わりません。

具体的には、外国で販売されている商品を安く買い付けます。

そしてここにマージンを乗せることで高く販売して利ザヤを稼ぐと言ったことを行っている部署もあります。

しかし、このような業務に海外営業が担当することはありません

外国製品のOEMやODMなども取り扱うことはありません。

活躍の場として挙げられるのは、国外への輸出を行う医療機器メーカー、自動車、電機機器などのメーカーとなります。

海外営業の転職サイト